レンズゲット #4x5 #teamfilm

Schneider Symmar-S 180mm/f5.6 を入手。
子供の握りこぶしくらいの大きさだ。
f0145627_20311332.jpg


大判用のレンズは全てSchneider製でSuper-Angulon 90mm/f5.6、Symmar-S180mm/f5.6、Symmar-S 240mm/f5.6 の3本を揃えた。コレで大抵のものは撮れるだろう。

90mmは35mmフィルムの対角線画角換算で25mm、180mmは換算で51mm、240mmは換算で68mmの画角となる。
標準は150mmと迷ったがカメラ屋のオッサンに「大判の標準は180mmです」と力説されてこちらにした。
画角で考えたら150mmの方が良い、と今にして思うのだが後の祭りだ。
150mmは換算43mm相当の画角だが、DP2とハッセルのプラナー80mmを既に持っている。
食傷気味故に180mmを手に入れたという感じだ。
それを考えると、ますます150mmの方が良かったような気がする。

作品はこちら→ Frickr
[PR]

by jiji008 | 2011-11-23 20:59 | 雑文