カテゴリ:雑文( 42 )

作品の発表場所を探しています #teamfilm

作品の発表の場を得たいと思っている。家で独りでやるだけじゃ詰まらない。
最終的にフィックスする事を前提にやらないと、撮影、現像、プリントも決まってこないのだ。

第一希望は個展をやりたいと思っている。
お金かかるし、来てくれる人の多くは知人友人なのでそこは気が引ける。
金がかかるのは仕方ないとしても、私は知人とか友人とか居ないからそのつてで来てくれる人は居ない。
ただ、始めての人にこそ見て貰いたいと思っているので、知人友人が居ない事は余り問題ではない。
折角やったのに誰も来なかったら寂しいな、虚しいな、かっこわるいな、という甘ったれた不安が頭をもたげる。
そもそも、個展てどうやって運営するんだ、どれくらい金掛かんのよ、そういうレベルから始めなければ行けない。

第二希望はサークルに参加する形で作品をお披露目する場が得られれば良いと思ってる。
いわば身内の写真展という感じ。
今回私がやりたいのは、自らの作品を他人に晒す事。
なるべきなら人間関係のない人に見て貰いたいと思っています。
サークルにも活動方針に私が、私の作品を他人に晒したいという気持ちにサークルが、お互いに理解を示せればやれるんじゃないかな、と思ってます。他力本願です。
裸一貫人前に作品を出したいという気持ちは強いです。

第三希望は、雑誌のコンクールに応募すると言うもの。
これは余り気が進まない。
コンクールの性だけど、審査員がドグマに陥ってしまう、技術に拘泥した評価をする傾向がある。これは、審査員個人の問題ではない。恐らく誰でもそういう風になってしまうのだと思う。その所は気が重い。
プロの目で見て貰いたいという気持ちはある。しかし、それ以上に裸の大衆の目で見立て貰いたいんです。ーーやるとしても、中心に添える事はないだろう。

言いたい放題書きました。
ツイッターやブログのコメント機能で、アドバイスと頂けると嬉しいです。
[PR]

by jiji008 | 2011-12-08 00:20 | 雑文

#HDR で遊んでみた。その3

撮りたかった写真のひとつの形(兎に角、高精彩)。

f0145627_22134477.jpg


作品はこちら→ Flickr
[PR]

by jiji008 | 2011-12-01 22:14 | 雑文

レンズゲット #4x5 #teamfilm

Schneider Symmar-S 180mm/f5.6 を入手。
子供の握りこぶしくらいの大きさだ。
f0145627_20311332.jpg


大判用のレンズは全てSchneider製でSuper-Angulon 90mm/f5.6、Symmar-S180mm/f5.6、Symmar-S 240mm/f5.6 の3本を揃えた。コレで大抵のものは撮れるだろう。

90mmは35mmフィルムの対角線画角換算で25mm、180mmは換算で51mm、240mmは換算で68mmの画角となる。
標準は150mmと迷ったがカメラ屋のオッサンに「大判の標準は180mmです」と力説されてこちらにした。
画角で考えたら150mmの方が良い、と今にして思うのだが後の祭りだ。
150mmは換算43mm相当の画角だが、DP2とハッセルのプラナー80mmを既に持っている。
食傷気味故に180mmを手に入れたという感じだ。
それを考えると、ますます150mmの方が良かったような気がする。

作品はこちら→ Frickr
[PR]

by jiji008 | 2011-11-23 20:59 | 雑文

念を込めて、 #4x5 #teamfilm

現像、スキャン中であります。

撮りたい写真の方向性が見えつつある。
1つは建築物、1つは空や波などの自然。

いわゆる決定的瞬間を撮りたいと思わない。
それこに写真の魅力はない。
それを記録できる事は写真の魅力だが。

演劇的な要素を完全に排した写真が撮りたい。
人工物そのもの、自然そのものを撮りたい。
意味や感情を排した先にある存在感を撮りたいのだ。

作品はこちら→ Frickr
[PR]

by jiji008 | 2011-11-16 19:15 | 雑文

大判カメラ

大判カメラでの撮影は難しい。
操作に必要な知識は少なく、簡明だ。
ピント面をコントロールする為のカメラ、と一言で言えてしまう。

が、実践するのが難しい。
撮影そのものの難しさの前に、カメラの設定の壁が立ちはだかる。
sinar f2 というカメラを使っているのだが、ちょっとした振動などで稼動部が動いてしまい、丁寧に扱う必要がある。
レンズと合わせると4kgの重量で、堅牢な三脚は必須、雲台も重量に見合ったものを使わないと壊れてしまう。
カメラ内の埃がレンズやフィルム面に付着して、フィルムに写り込んでしまう(ネガ上で真白)。
ピント確認には慎重を要し、ルーペなどで拡大して見たほうが良い。
チルト角を変更する度にピントの再設定が必要(ベースアオリ故)になる。
大判用レンズの絞りやSS設定も一眼と比較すると操作しにくい。
あれやこれや。

上げていれば切りがない。
中判カメラが如何に使いやすいか、キャノンのカメラが如何に使いやすくそれ故に優れているのかが分かる。
使いやすさとはカメラの性能なのだ。

精進。

作品はこちら→ Frickr
[PR]

by jiji008 | 2011-10-24 22:14 | 雑文

何を撮るか

何を撮るのか、心の中では形が見えてきている。
しかし、それを撮るべき場所を知らない。何を被写体にすれば撮れるのかも知らない。
撮りたいものを表現する言葉ーー存在と静謐が撮影したいものだ。

写真の中の被写体がそこにある感じ、そしてその写真を見た者が自分が今ここにいる感じを感じる写真。これが、存在を撮影することの目的、意図である。
静謐さ。写真が静謐さを漂わせており、その写真のある空間を静謐なものに変えてしまうような写真。これが静謐さの撮影の目的、意図である。

これを撮ろうとして色々な場所に出向き、シャッターを切ったがどれも上手くいかなかった。

何処が良いだろうか。海がいいかな。
波が絶え間なく形を変えていて、水平線が見える。
桜の季節に写真雑誌で見るような、水流を流れる花弁の長時間露光写真のイメージに挑戦してみようか。

場所は千葉方面か、横浜方面にしよう。
千葉だと臨海公園が、距離は遠いけど行きやすい。
横浜なら鎌倉近郊だろうな、行くならば。

作品はこちら→ Frickr
[PR]

by jiji008 | 2011-10-17 01:16 | 雑文

プリンタを買った

大判フィルムカメラ、中判フィルムカメラ、デジタル一眼、三脚、プリンタ、スキャナ、ーー十分な機材が手元に揃った。

[PR]

by jiji008 | 2011-09-27 03:38 | 雑文

引っ越しました

写真は Flickr で公開しています。ご覧下さい。

http://www.flickr.com/photos/hjiro/










 
[PR]

by jiji008 | 2011-06-25 12:13 | 雑文

笑い飯、無念。

1回目のネタ「鳥人」で優勝を確信しました。が、2回目はチンポジで勝負。
あぁ、あぁ、なんでチンポジなんかで勝負するんだ、と思った。
でもそれが笑い飯なんだ、多分。
[PR]

by jiji008 | 2009-12-20 22:26 | 雑文

やっぱ、

ブログはタテの方が良いのではないかと感じる今日この頃。
前後の投稿が必ずしもつながってる訳じゃないし。
[PR]

by jiji008 | 2009-08-16 02:20 | 雑文