シュナイダーSymmarS240mmF5.6 #4x5 #teamfilm

この土曜に新橋の新橋イチカメラにて大判用のレンズを買った。
Schneider Symmar S 240mm F5.6 という商品。

f0145627_0513496.jpg

こんな感じ。使用感はあるが、レンズは概ね良好、若干コーティングが不完全だが値段を考えれば充分。
絞りに擦った跡がついているが、動作に問題無しとの事。

焦点距離240mmは、35mmの一眼に使うと望遠レンズとなる。
このレンズを4x5で使用した場合、35mm換算の画角が67度の中望遠レンズになる。

別の言い方をすれば、幅が1mの被写体を画面一杯に入れて撮るには、2mの引きが必要になるレンズである。高さ1mの被写体を画面一杯に入れるには2.5m下る必要がある。
被写体の幅や高さとそれを画面に収める為の引きの距離は比例関係があり、その比例定数をレンズ毎に計算しメモしておけば建築物の撮影に非常に役に立つ。

ともあれ早速試し取りをした。
ーーが、早速、問題発生。シャッターが不調に陥った。
1/2秒のシャッターが1/125秒と同じくらいの速さで切れてしまう。
よくよく確かめると1秒はok、1/4秒は駄目、1/8秒はokという結果になった。
おそらくは他のシャッタースピードも正しく切れていないんだろう。

店頭で確認した時と、家でシャッター時間を試した時はちゃんと切れてたんだけど。
お店に返送する事となった。不良品はこれで二回目。

作品はこちら→ Frickr
[PR]

by jiji008 | 2011-10-31 01:10

シノゴ現像あれこれ

先日葛西臨海公園にて撮影したフィルムの現像、スキャンが終わった。
有り体に言って良い写真ではない。
しかし、どんな環境でも良い光を見つけて撮影するのがカメラの心構えなら、
クソみたいなネガから最適なスキャン、デジ現像をするのも写真家の活きる道ではないか。
そんなわけで、フィルムをレタッチしてみました。

f0145627_0103834.jpg



構図に関しては完全に失敗した。
凡庸、月並み、素人臭い、何とでも言って下さい。
仕方が無いので、トリミングや多い焼きなどを駆使してこの状態に持っていった。
昨日夜中にやった時は、傑作だと思ったんだけど。そうでもないらしい。

f0145627_022169.jpg


こちらはシノゴの右半分を拡大印刷したもの。
印刷の品質を見たかったので、簡易スキャンで印刷。
ちなみにスキャン解像度を1200dpi、2400dpiに設定して印刷してみたが、
2L判では微細な違いを見つけるのが困難な位、結果は同じ。
モニター上で拡大すると2400dpiの方がディデールが精細な事は言うまでもない。

葛西臨海公園で撮るには、午前中に出かけた方が良いように感じる。
主要な公園内の遊歩道や建物は朝日を正面で受ける構造になっている。

作品はこちら→ Frickr
[PR]

by jiji008 | 2011-10-27 00:28

大判カメラ

大判カメラでの撮影は難しい。
操作に必要な知識は少なく、簡明だ。
ピント面をコントロールする為のカメラ、と一言で言えてしまう。

が、実践するのが難しい。
撮影そのものの難しさの前に、カメラの設定の壁が立ちはだかる。
sinar f2 というカメラを使っているのだが、ちょっとした振動などで稼動部が動いてしまい、丁寧に扱う必要がある。
レンズと合わせると4kgの重量で、堅牢な三脚は必須、雲台も重量に見合ったものを使わないと壊れてしまう。
カメラ内の埃がレンズやフィルム面に付着して、フィルムに写り込んでしまう(ネガ上で真白)。
ピント確認には慎重を要し、ルーペなどで拡大して見たほうが良い。
チルト角を変更する度にピントの再設定が必要(ベースアオリ故)になる。
大判用レンズの絞りやSS設定も一眼と比較すると操作しにくい。
あれやこれや。

上げていれば切りがない。
中判カメラが如何に使いやすいか、キャノンのカメラが如何に使いやすくそれ故に優れているのかが分かる。
使いやすさとはカメラの性能なのだ。

精進。

作品はこちら→ Frickr
[PR]

by jiji008 | 2011-10-24 22:14 | 雑文

何を撮るか

何を撮るのか、心の中では形が見えてきている。
しかし、それを撮るべき場所を知らない。何を被写体にすれば撮れるのかも知らない。
撮りたいものを表現する言葉ーー存在と静謐が撮影したいものだ。

写真の中の被写体がそこにある感じ、そしてその写真を見た者が自分が今ここにいる感じを感じる写真。これが、存在を撮影することの目的、意図である。
静謐さ。写真が静謐さを漂わせており、その写真のある空間を静謐なものに変えてしまうような写真。これが静謐さの撮影の目的、意図である。

これを撮ろうとして色々な場所に出向き、シャッターを切ったがどれも上手くいかなかった。

何処が良いだろうか。海がいいかな。
波が絶え間なく形を変えていて、水平線が見える。
桜の季節に写真雑誌で見るような、水流を流れる花弁の長時間露光写真のイメージに挑戦してみようか。

場所は千葉方面か、横浜方面にしよう。
千葉だと臨海公園が、距離は遠いけど行きやすい。
横浜なら鎌倉近郊だろうな、行くならば。

作品はこちら→ Frickr
[PR]

by jiji008 | 2011-10-17 01:16 | 雑文