フィルム感度はISO400 #teamfilm

大判カメラでは、180mm程度の焦点距離のレンズが標準画角に相当する。
一般論としてレンズは焦点距離が長い程、またF値が小さい程、被写界深度が浅くなる。
つまり35mmのカメラに比較して、4x5カメラの被写界深度は極端に浅くなる。

構図は、歩いて、そしてレンズの画角を選択して決まるものである。
建築や風景では、パンフォーカス(これがビュー・フィールドカメラの醍醐味のひとつ)で撮影する事が多いので、被写界深度を稼ぐ為には絞らなければいけない。
F22は当たり前(カタログのスペックシートなどではこの絞り値のイメージサークルが記載されている)で F32、F45、F64(アンセルアダムズが入っていたストレートフォトの為に写真グループ名画「F64」だった、今は「F64」はアクセサリ=メーカーのブランドになっている)と絞り込んで使うものなのだ。
絞る事の割を食うのがSSで、昼間でもちょっと陰に入るとSS1/15なんて当たり前になる。

被写界深度を稼ぐ方法は次の2つ。頑丈な三脚を使う事、もうひとつはISO感度の高いフィルムを用いてSSを稼ぐ事である。
カメラのブレは三脚で抑えるとしても、被写体のブレは抑えられない。
被写体ぶれを改善するにはISO感度の高いフィルムを使用するしかないのだ。


これからの撮影では、ISO400のTMAX400を使ってみる事にした。
シート用のTMAX400がどう写るか、幾つか実践して様子を見る。
「実践」と言ったけど、写真は全て本番で撮る事にしている。
全てが本番、実験はやる、練習はしないーーこういう態度でいる。

ブローニーではTMAX100、TMAX400も大きな違いは得られない。各撮影条件で好ましいフィルムを選択した場合は特にその傾向が強い。
同一条件では,TAMX100の方が若干優等生な写りになるのが私の体感だ。

フィルムの豊かな階調を活かすの為にシノゴ撮影をやっている。
TMAX400を使う利点は、SSを稼げるだけでなくて、現像時間を長くできること。
現像時間が長ければ、ムラになりぬくくなり、現像時間の誤差の許容度が増える。
結果的に現像の安定感が上がるのだ。
ーー撮影だけでなくて現像にも恩恵(副作用的なものではあるけど)がもたらされるんだから一石二鳥だ。

シートのTMAX400は使った事が無いので、どういう写りをするか楽しみだ。
うまく使いこなせば、豊かな階調を持った写真にシャープな線を走らせる事ができる、と都合のいい想像を膨らませている。

作品はこちら→ Flickr
[PR]

by jiji008 | 2011-12-25 03:22

AdobeLRプラグイン1stVer完成 #teamfilm

フィルム撮影データをLightroomに登録する為のプラグインのファーストバージョンができました。
自分で使ってテストしています。
難しいものではなくテストという程の事もないのだけど、主に使い勝手を試しています、

作品はこちら→ Flickr
[PR]

by jiji008 | 2011-12-17 13:10

スキャン+#HDR 実験。 #teamfilm

フィルム階調のデジタル復元を目論む悪の組織「モノクロ団」による実験日記。

今日も一枚のフィルムを、露出を変えてスキャンした画像をHDR合成して階調復元の実現を目指して実験。
前回の実験の感触を踏まえて、オーバー露出と標準露出でスキャンした画像の合成を試みた。
結果は良好だ。美的な感覚という意味で成功したかは分からない。
しかしそれは問題ではなく、フィルムの階調復元が実現可能な事を示すのが目的なのだ。

早速、結果を記そう。
まずは、画像から。

標準スキャンによる画像。
f0145627_19584845.jpg


HDR合成画像。
f0145627_205529.jpg


2つの画像を比較すれば、木の幹の描写がHDR合成画像の方が詳細なのが見て取れる。
標準スキャンでは単一の黒に見えるが、HDR合成画像では幹の凸凹や節が再現されている。
次にヒストグラムを挙げる。

標準スキャンのヒストグラム。
f0145627_19593924.png

HDR合成画像のヒストグラム。
f0145627_19595018.png

ヒストグラムを比較すれば明らかなように暗部、明部のピークを表す山の横幅がHDR合成画像の方が広く滑らかである。
これはつまりHDR合成画像の方はそれぞれのピークで豊かな階調を持つ事を意味する。

つまり写真の見た目でも、ヒストグラムの比較という画一的なデータの比較でもHDR合成の方が階調に優れている。

では、どのような設定でスキャンすれば良いのか? これについて定まった見解はない。
これまでの実験で、HDR合成に用いる各画像の露出が極端であればある程、HDR合成画像は不自然なものになるという、
考えてみれば極当たり前の評価指標を得られたにすぎない。
もっと有用な指標を得る事は今後の課題である。

標準スキャン、HDR合成画像ともにAdobeLightRoomによるデジタル調整を加えている事を付言しておく。

モノクロ団 研究員X
[PR]

by jiji008 | 2011-12-14 20:10

Adobe LightRoom プラグイン開発

Adobe LightRoomのプラグインを開発して、撮影、現像、スキャンなどの作品に関わる様々なデータを画像データとともにAdobe LightRoomで管理する為のプラグインを開発しようと画策している。

大袈裟に聴こえるかもしれないが、プラグイン開発はアドビにライセンス料などを支払わなくても、誰でも簡単に(んとかよ?)できるのだ。
ITの世界で良くいう「オープンフリー」なサービスの提供形態の恩恵に預り賜うという訳だ。

フィルムで撮ってスキャンしてデータを保管管理するという撮影スタイルの御仁は、
すべからく撮影、現像、スキャンデータの管理に手を焼いているはずだ。
フィルムとデジタルデータの対応付けくらいは、ファイル名に番号を付ければ容易にできる。
しかし、様々なデータとフィルムとデジタルデータを管理するのは煩雑で、思いつきでぱっとできるものではない。

しかし、折角記録した撮影や現像データを活かしきれずに、デジタルプリントに反映しきれないのが実情ではなかろうか。
ドン雲リの日にプラス補正で撮り、軟調で現像したあのネガを、デジタルプリントで再現するにはどういう露出でスキャン、デジタル現像すれば良いのだろうかーーなどと考えを巡らせた経験はフィルムで撮影をしている人には必ずあろう。
取りあえずものは試しでやってみるにしても、じきに膨大なパラメータの組み合わせの前に意気消沈してしまう。
実際のEV値や現像時間を撮影時のメモ用で確認しながら作業するうちに、何枚かスキャン、プリントしただけでくたびれてしまう。
ーーインクリメンタルに撮影プロセスを改善していく為には、撮影、現像、スキャンののデータ活用は必須なのだ。

そこでAdobeLightRoomのプラグインを開発して、撮影プロセスのデータをデジタルで一元管理できるようにしようと思ったのだ。
文字や数値として表現できるデータは全てコンピュータに入れてしまい、LightRoomを立ち上げただけで簡単にその情報を参照できるとしたら、何とすばらしい事ではないか。

という訳で、LightRoomで管理する画像データに撮影や現像などの様々なデータを登録する為のプラグインを開発する。

ーーと大風呂敷を広げてみたものの、多分できそうという所まで調べた段階。
ボチボチ続けて、成果物をネット公開するのを目的に(無論、自分でも使う)やっていこうと思います。

作品はこちら→ Flickr
[PR]

by jiji008 | 2011-12-09 20:30

HDR、レイヤー編集

HDRというのはハイ・ダイナミック・レンジの略だ。
ブラケット撮影をした画像を自動的に「良いとこ取り」をしてひとつの画像を生み出す技術をさす。

フォトショップなどの画像編集ソフトにはレイヤーという機能があって、
複数の画像を幾つかの層(=レイヤー)に分けて別々に編集する事ができる。
最終的にその層を重ねて、作品を得る事ができる。

だからレイヤー編集機能を使えば、HDR合成と同様の事がマニュアルでできる。
手作業でやるからには、それなりの時間と労力がかかる。
また、レイヤー編集でHDR画像を作り出す場合、レイヤーの透明度を下げて画像を重ねる事になるが、
この方法だとどうしても絵が眠たくなってしまう。

HDRでも眠たくなる事はあるし、独特の不自然さがでて来る事もある。
HDRを使うか、手作業でレイヤーを重ね合わせるかは、清濁を合わせ飲んで決めなくてはならない。

指針としては、構図がはっきりとしている場合はマニュアルによるレイヤー編集を選択肢に入れて良いだろう。
細部のテクスチャーを強調したい場合は、HDR合成を使うのが効率的だと予想する。

作品はこちら→ Flickr
[PR]

by jiji008 | 2011-12-08 20:12 | 雑文

スキャン+#HDR 実験日記 #teamfilm

前回の実験の続き。

 特定の領域を狙って複数回スキャン→HDR合成→ネガのDRをデジタルで再現

を目論む悪の組織「モノクロ団」の実験日記。
今回は、入力(=スキャナの露出)を変えつつ、出力のDRを標準に設定してスキャンした画像のHDR合成する。
こうすると、オーバーでスキャンしたものはオーバーで出力され、HDRアプリが処理しやすくなるはずだ。
ーー何で今までやらなかったんだろうか。

結果は良好。Photomatix というソフトを使っているのだが、このソフトの調整パラメータセットに「合成」がある。
これを選択すると、2つの画像を文字通り合成できる。
相変わらずパラメータの意味は分からないが、結果を見ながら調整。

こちらが標準スキャンで得た画像。
f0145627_11172797.jpg

これは標準スキャン画像とオーバー露出のスキャン画像を合成したもの。
f0145627_11173379.jpg
その差は歴然としている。
合成画像の方が暗部のディテールまで描写され、且つハイライトの飛びも現像ソフトで修正可能な範囲に収まっている。
合成用のオーバー露出の画像をもう少し暗めにするなどして飛びを抑える事ができるだろう。

これは良い。

作品はこちら→ Flickr
[PR]

by jiji008 | 2011-12-08 11:25

作品の発表場所を探しています #teamfilm

作品の発表の場を得たいと思っている。家で独りでやるだけじゃ詰まらない。
最終的にフィックスする事を前提にやらないと、撮影、現像、プリントも決まってこないのだ。

第一希望は個展をやりたいと思っている。
お金かかるし、来てくれる人の多くは知人友人なのでそこは気が引ける。
金がかかるのは仕方ないとしても、私は知人とか友人とか居ないからそのつてで来てくれる人は居ない。
ただ、始めての人にこそ見て貰いたいと思っているので、知人友人が居ない事は余り問題ではない。
折角やったのに誰も来なかったら寂しいな、虚しいな、かっこわるいな、という甘ったれた不安が頭をもたげる。
そもそも、個展てどうやって運営するんだ、どれくらい金掛かんのよ、そういうレベルから始めなければ行けない。

第二希望はサークルに参加する形で作品をお披露目する場が得られれば良いと思ってる。
いわば身内の写真展という感じ。
今回私がやりたいのは、自らの作品を他人に晒す事。
なるべきなら人間関係のない人に見て貰いたいと思っています。
サークルにも活動方針に私が、私の作品を他人に晒したいという気持ちにサークルが、お互いに理解を示せればやれるんじゃないかな、と思ってます。他力本願です。
裸一貫人前に作品を出したいという気持ちは強いです。

第三希望は、雑誌のコンクールに応募すると言うもの。
これは余り気が進まない。
コンクールの性だけど、審査員がドグマに陥ってしまう、技術に拘泥した評価をする傾向がある。これは、審査員個人の問題ではない。恐らく誰でもそういう風になってしまうのだと思う。その所は気が重い。
プロの目で見て貰いたいという気持ちはある。しかし、それ以上に裸の大衆の目で見立て貰いたいんです。ーーやるとしても、中心に添える事はないだろう。

言いたい放題書きました。
ツイッターやブログのコメント機能で、アドバイスと頂けると嬉しいです。
[PR]

by jiji008 | 2011-12-08 00:20 | 雑文

スキャン+HDR合成 #HDR #teamfilm

スキャン+HDR合成の合わせ実験報告。
スキャンとHDRの設定の組み合わせはいうまでもなく無限に存在するので、必然的にターゲットを絞ってやる事になる。

ターゲット:シャドウ部の細部の再現。

として実験してみた。
用意したスキャン画像はlow, mid-low, mid, mid-high, highの5種類と単一露出でスキャンした画像(これはnormalと呼ぶ事にしよう)の計6枚だ。low、mid、highは狙った領域を表す。

シャドウ部の細部を再現する為に、ハイライトを狙った画像と中間を狙って露出した画像の組み合わせを選択。
これらをHDR合成する。
その合成画像のシャドウ部の細部を、単一露出のスキャン画像のそれと比較して、
合成画像の方が優れていれば目論みは当った事になる。

単一露出のスキャン画像(normal)。
f0145627_23225092.jpg


HDR合成画像(high & mid)。
f0145627_23212375.jpg


この結果を見ると、HDR合成画像は、HDR特有の潰れが生じてしまい、ディテールに優れるとは言いがたい。

ではこれは?( high & normal)。
f0145627_2334211.jpg


二枚目よりマシに見えるが、HDR故に取り立てて良くなったようにも見えない。
今日の実験はここまで。結果は微妙だが諦めない。
今日の実験で、感じがつかめたので、幾つか設定を変えて実験を続けて見よう。

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
////////////////////////////今後の実験予定//////////////////////////////////////////
////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
エプソンのGT-X970はスキャン時の入力DRとその出力DRを変更できるのでこれを変えてみる。
今までは出力DRはデフォルトのままでやっていた。

シャドウ部の細部をHDRで再現するには、暗部の明るさに照準を合わせてスキャン、それを通常又はハイキーの写真として出力する必要がある。
これによってHDRソフトは、その画像を露出オーバーの画像と認識し、つまり他の写真では潰れている暗部のディテールをこの画像から復元しようとするだろう。
上手くいけば、単一スキャンより、シャドウに細部に優れたデジタルデータを生成できる。
この実験は楽しみだ。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////
///////////////////////////////////////////////////////////////////////
///////////////////////////////////////////////////////////////////////

作品はこちら→ Flickr
[PR]

by jiji008 | 2011-12-07 23:26

#HDR で遊んでみた。その3

撮りたかった写真のひとつの形(兎に角、高精彩)。

f0145627_22134477.jpg


作品はこちら→ Flickr
[PR]

by jiji008 | 2011-12-01 22:14 | 雑文