現像タンクの改良。#film #photo #camera

今使っている現像タンクの欠点を改良によって改善することにした。

・水道用の塩ビパイプを使用しているのが、これの長さを必要最小限に短くする。
  フィルムの出し入れを簡単にする。フィルムに傷がつくことを防ぐ目的もある。
・ドライウェルを作る水を煮沸したものを冷ました水にする
  乾燥ムラが出るが、これはおそらく水道水の塩素等の添加物が析出しているものと予想。
  湯冷まさしを使用してこれを避ける。
・水洗工程の最後に煮沸水の湯冷ましで、最終水洗工程を追加する。
  これも乾燥ムラを防ぐ為の処理。

が改善点。ぼちぼちやっていく。

市販のシートフィルム現像タンクを見るとJOBO3005を除いてフィルムの背面とタンクが密着しないような設計になっている。
これはフィルムの背面とタンクが密着すると傷がつくことを避けられないのだろう。

しかし、自身の工作スキルではこのようなものは作れないので、上記の改善案を実行していく。

思いつきの段階だが、小型の密封できるタッパーを改良して遮光性能を持たせ、
少量の現像液でムラなく現像できるのではないか。

大きさはシートフルムホルダより一回り大きいほどのサイズ。
遮光性の確保とライトトラップが課題だ。
[PR]

by jiji008 | 2012-10-15 02:26 | 現像技術

メモ。#film #photo #camera

現像の研究をして安定した方法を探っている。
ここまでの自分用のまとめ。

・1枚収容の自作の現像用回転タンクには80mlの現像液を入れる。
  これは回転タンクが多少傾いても、フィルムを完全に現像液に浸すために必要な量である。

・フィルムは輪ゴムで巻いてタンクの内壁に直接触れないようにする。
  現像後にゴムの痕がフィルムに残るが、これは水洗工程で除去できる。

・遮光蓋を改良して、薬液注入用のアルミパイプを短くする。
  タンクのフタの取付け、取外し時にフィルムに傷がつくのを防ぐ。

・軟調現像液を使用する。
  現像時間を伸ばし現像ムラを軽減する。

これからやることと確認すること。

・改良版の遮光蓋を作成する。
・輪ゴムを使って現像して本当にムラが出ないかを確認する。
[PR]

by jiji008 | 2012-10-13 20:20 | 現像技術