シノゴ現像あれこれ

先日葛西臨海公園にて撮影したフィルムの現像、スキャンが終わった。
有り体に言って良い写真ではない。
しかし、どんな環境でも良い光を見つけて撮影するのがカメラの心構えなら、
クソみたいなネガから最適なスキャン、デジ現像をするのも写真家の活きる道ではないか。
そんなわけで、フィルムをレタッチしてみました。

f0145627_0103834.jpg



構図に関しては完全に失敗した。
凡庸、月並み、素人臭い、何とでも言って下さい。
仕方が無いので、トリミングや多い焼きなどを駆使してこの状態に持っていった。
昨日夜中にやった時は、傑作だと思ったんだけど。そうでもないらしい。

f0145627_022169.jpg


こちらはシノゴの右半分を拡大印刷したもの。
印刷の品質を見たかったので、簡易スキャンで印刷。
ちなみにスキャン解像度を1200dpi、2400dpiに設定して印刷してみたが、
2L判では微細な違いを見つけるのが困難な位、結果は同じ。
モニター上で拡大すると2400dpiの方がディデールが精細な事は言うまでもない。

葛西臨海公園で撮るには、午前中に出かけた方が良いように感じる。
主要な公園内の遊歩道や建物は朝日を正面で受ける構造になっている。

作品はこちら→ Frickr
[PR]

by jiji008 | 2011-10-27 00:28