シュナイダーSymmarS240mmF5.6 #4x5 #teamfilm

この土曜に新橋の新橋イチカメラにて大判用のレンズを買った。
Schneider Symmar S 240mm F5.6 という商品。

f0145627_0513496.jpg

こんな感じ。使用感はあるが、レンズは概ね良好、若干コーティングが不完全だが値段を考えれば充分。
絞りに擦った跡がついているが、動作に問題無しとの事。

焦点距離240mmは、35mmの一眼に使うと望遠レンズとなる。
このレンズを4x5で使用した場合、35mm換算の画角が67度の中望遠レンズになる。

別の言い方をすれば、幅が1mの被写体を画面一杯に入れて撮るには、2mの引きが必要になるレンズである。高さ1mの被写体を画面一杯に入れるには2.5m下る必要がある。
被写体の幅や高さとそれを画面に収める為の引きの距離は比例関係があり、その比例定数をレンズ毎に計算しメモしておけば建築物の撮影に非常に役に立つ。

ともあれ早速試し取りをした。
ーーが、早速、問題発生。シャッターが不調に陥った。
1/2秒のシャッターが1/125秒と同じくらいの速さで切れてしまう。
よくよく確かめると1秒はok、1/4秒は駄目、1/8秒はokという結果になった。
おそらくは他のシャッタースピードも正しく切れていないんだろう。

店頭で確認した時と、家でシャッター時間を試した時はちゃんと切れてたんだけど。
お店に返送する事となった。不良品はこれで二回目。

作品はこちら→ Frickr
[PR]

by jiji008 | 2011-10-31 01:10