スキャン+HDR合成 #HDR #teamfilm

スキャン+HDR合成の合わせ実験報告。
スキャンとHDRの設定の組み合わせはいうまでもなく無限に存在するので、必然的にターゲットを絞ってやる事になる。

ターゲット:シャドウ部の細部の再現。

として実験してみた。
用意したスキャン画像はlow, mid-low, mid, mid-high, highの5種類と単一露出でスキャンした画像(これはnormalと呼ぶ事にしよう)の計6枚だ。low、mid、highは狙った領域を表す。

シャドウ部の細部を再現する為に、ハイライトを狙った画像と中間を狙って露出した画像の組み合わせを選択。
これらをHDR合成する。
その合成画像のシャドウ部の細部を、単一露出のスキャン画像のそれと比較して、
合成画像の方が優れていれば目論みは当った事になる。

単一露出のスキャン画像(normal)。
f0145627_23225092.jpg


HDR合成画像(high & mid)。
f0145627_23212375.jpg


この結果を見ると、HDR合成画像は、HDR特有の潰れが生じてしまい、ディテールに優れるとは言いがたい。

ではこれは?( high & normal)。
f0145627_2334211.jpg


二枚目よりマシに見えるが、HDR故に取り立てて良くなったようにも見えない。
今日の実験はここまで。結果は微妙だが諦めない。
今日の実験で、感じがつかめたので、幾つか設定を変えて実験を続けて見よう。

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
////////////////////////////今後の実験予定//////////////////////////////////////////
////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
エプソンのGT-X970はスキャン時の入力DRとその出力DRを変更できるのでこれを変えてみる。
今までは出力DRはデフォルトのままでやっていた。

シャドウ部の細部をHDRで再現するには、暗部の明るさに照準を合わせてスキャン、それを通常又はハイキーの写真として出力する必要がある。
これによってHDRソフトは、その画像を露出オーバーの画像と認識し、つまり他の写真では潰れている暗部のディテールをこの画像から復元しようとするだろう。
上手くいけば、単一スキャンより、シャドウに細部に優れたデジタルデータを生成できる。
この実験は楽しみだ。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////
///////////////////////////////////////////////////////////////////////
///////////////////////////////////////////////////////////////////////

作品はこちら→ Flickr
[PR]

by jiji008 | 2011-12-07 23:26