Adobe LightRoom プラグイン開発

Adobe LightRoomのプラグインを開発して、撮影、現像、スキャンなどの作品に関わる様々なデータを画像データとともにAdobe LightRoomで管理する為のプラグインを開発しようと画策している。

大袈裟に聴こえるかもしれないが、プラグイン開発はアドビにライセンス料などを支払わなくても、誰でも簡単に(んとかよ?)できるのだ。
ITの世界で良くいう「オープンフリー」なサービスの提供形態の恩恵に預り賜うという訳だ。

フィルムで撮ってスキャンしてデータを保管管理するという撮影スタイルの御仁は、
すべからく撮影、現像、スキャンデータの管理に手を焼いているはずだ。
フィルムとデジタルデータの対応付けくらいは、ファイル名に番号を付ければ容易にできる。
しかし、様々なデータとフィルムとデジタルデータを管理するのは煩雑で、思いつきでぱっとできるものではない。

しかし、折角記録した撮影や現像データを活かしきれずに、デジタルプリントに反映しきれないのが実情ではなかろうか。
ドン雲リの日にプラス補正で撮り、軟調で現像したあのネガを、デジタルプリントで再現するにはどういう露出でスキャン、デジタル現像すれば良いのだろうかーーなどと考えを巡らせた経験はフィルムで撮影をしている人には必ずあろう。
取りあえずものは試しでやってみるにしても、じきに膨大なパラメータの組み合わせの前に意気消沈してしまう。
実際のEV値や現像時間を撮影時のメモ用で確認しながら作業するうちに、何枚かスキャン、プリントしただけでくたびれてしまう。
ーーインクリメンタルに撮影プロセスを改善していく為には、撮影、現像、スキャンののデータ活用は必須なのだ。

そこでAdobeLightRoomのプラグインを開発して、撮影プロセスのデータをデジタルで一元管理できるようにしようと思ったのだ。
文字や数値として表現できるデータは全てコンピュータに入れてしまい、LightRoomを立ち上げただけで簡単にその情報を参照できるとしたら、何とすばらしい事ではないか。

という訳で、LightRoomで管理する画像データに撮影や現像などの様々なデータを登録する為のプラグインを開発する。

ーーと大風呂敷を広げてみたものの、多分できそうという所まで調べた段階。
ボチボチ続けて、成果物をネット公開するのを目的に(無論、自分でも使う)やっていこうと思います。

作品はこちら→ Flickr
[PR]

by jiji008 | 2011-12-09 20:30