現像タンク、案を実現。#film #monochrome #photo #camera

前回の投稿でメモした注射器で現像液を注入する現像タンクを早速作ってみた。

f0145627_15522370.jpg
こんな感じ。

 1番上にあるのが、現像タンク本体。塩ビ管と底部をなす塩ビ管の蓋からなる。完成版はこれに黒いテープを巻いて遮光性を高める予定だ。
 2番目にあるのが薬液注入と遮光の為の蓋。ゴム栓、注入パイプ、遮光用中蓋(よく見るとゴム栓の右側にゴムが2重になっているのをご覧頂けると思う)、遮光用中蓋に隠れているが空気、薬液の排出穴からなる。ゴム栓と遮光用中蓋の間に隙間を空けて、空気や液体の通り道を残している。
 3番目は注射器。退屈な時はこれに熱湯を入れてお尻の穴に注入すれば最高に盛り上がれる。

f0145627_15522661.jpg
薬液の注入はこんな感じ。

注射器の右側に排出穴が見えている。
50mlの液体を約3秒で注入できる。排出は5〜7秒程度である。
現像の安定度は格段に上がる筈だ。

作品はこちら→ Flickr
[PR]

by jiji008 | 2012-01-29 16:07 | 現像技術