カテゴリ:忌野清志郎 追悼( 3 )

ロッキング・オンより

f0145627_033979.jpg


清志郎の追悼本が出たので買った。
「好きなアーティスト」とやらのCDや写真集を観賞用と保存用に2枚(冊)買うなんて
アホなOLのやることで、まさか自分がやるとは思ってなかった。
2冊買う心理というものは現実にあるものなんですね。
本は朽ち果てて行くものだから、大切にしたいし予備も欲しいという気持ち。

清志郎の生前のインタビューや写真を中心とした内容だった。
自らの死を語る清志郎のインタビューがあれば最高なんだけど。

音楽を改めて聴くと生きてる頃のイメージが強すぎて、死んだなんて思えない。
人が精いっぱい取り組んだ作品は、その人の生き写しのようなものだと思う。
作者の感情や思考、体が作り出したものなのだから生き写しなのだ。

by jiji008 | 2009-06-07 01:05 | 忌野清志郎 追悼

ずっと夢見させてくれてありがとう

f0145627_0224136.jpg


デイドリーム ビリーバー
( 作詞 ジョン スチュアート 訳詞 ZERRY )

もう今は彼女は 何処にもいない
朝早く目覚ましが鳴っても
そういつも 彼女と暮らしてきたよ
喧嘩したり仲直りしたり

ずっと夢を見て安心してた
僕はデイドリームビリーバー
そんで彼女はクイーン

でもそれは遠い遠い思い出
日が暮れてテーブルに座っても
今は彼女 写真の中で
優しい目で僕に微笑む

ずっと夢を見て幸せだったな
僕はデイドリームビリーバー
そんで彼女はクイーン

ずっと夢を見て 安心してた
僕はデイドリームビリーバー
そんで彼女はクイーン

ずっと夢を見て 今も見ている
僕はデイドリームビリーバー
そんで彼女はクイーン

ずっと夢見させてくれて ありがとう
僕はデイドリームビリーバー
そんで彼女はクイーン

不死身のタイマーズ

by jiji008 | 2009-05-10 00:35 | 忌野清志郎 追悼

多摩欄坂

f0145627_17141762.jpg


多摩欄坂
                (作詞:忌野清志郎)

夜に腰かけてた 中途半端な夢は 電話のベルで醒された
無口になった僕は ふさわしく暮らしてる 言い忘れたことあるけれど
多摩欄坂を 上りきる手前の 家を借りて住んでる
だけどどうも苦手さ こんな夜は

お月様のぞいてる 君の口に似てる
キスしておくれよ 窓から キスしておくれよ

by jiji008 | 2009-05-05 16:50 | 忌野清志郎 追悼